tonkoo3000’s tweets

IT/WEB関連の技術的な興味などを主に書いていきたいと思います。

Google AdSense の状況を醸してみようと思った話

確認基準額(多分1,000円 ?)に達したので・・・

Google AdSenseの管理画面をチェックしていたら、みなれないバー表示がされていましたので、クリックしてみたところ以下のような内容が表示されました。

f:id:tonkoo3000:20170727060001p:plain

郵送で確認コード送るから、届いたら登録してねー。って内容のようです。

収益の状況

f:id:tonkoo3000:20170727060503p:plain 見積もり収益というのが¥1010になっていて、多分この今月1010円っていうのがなんらかの基準になってるんだろうなあと思われます。

3ヶ月とその前の3ヶ月との比較

[f:id:tonkoo3000:20170727060655p:plain

2.27万回の表示で、クリック数29なんで、約0.12%のクリック率でした。

Analytics Latest 3 monthes (2017 4/26 - 7/26)

f:id:tonkoo3000:20170727061547p:plain

ビュー数がだいたい 5,400/monthくらい。新規ユーザー率多いのは、Twitterをメインに周知しているからかなあと思われます。

で、何が言いたいのかというと。

AdSense などのaffiliate型広告で十分満足するほど稼ぐのって、現状ではほぼ不可能に近いなあ。ということです。(笑) Google AdSense サイトの成功事例動画などは奇跡的な成功を収めた方々の話であって、私達一般の人間には雲の上のはなしな訳です。 結局、新聞などのメディアなど大量のアクセスをあつめられるものでなければ、収益化なんて夢のまた夢ということです。 0.12%が物語っているのは、そもそも、広告なんてクリックしたくないってユーザーの態度の現れではないかなと思います。なかなか難しいですねー。

ちなみに・・・

実際に報酬がGoogleから支払われるのは、報酬額が8,000円を超えてからとなっているので、今のペース(3ヶ月で1,000円)で行けば、もらえるのは24ヶ月後ということになります。え!って感じですよね。(笑)せめて3,000円くらいからにしてくれればなあとかいろいろ考えてしまいます。(笑)

2年後とか、Blogのテーマにしているゲームの人気が廃れてしまっているかもしれませんし、そうなって、また何かネタ探してBlog書いていかないといけなくなったりとか。いろいろめんどくさい!ということが結論として導き出されます。

ということで、こんなサイトはじめました。

結局、広告だと収益得ようと思った場合に、ニッチもサッチもいかないので、BlogにしているGame (Summoners war)のキャラクター販売サイトを作ってみました。ベトナムのハンドメイドアーティストと交渉して、国内の販売許可をいただきました。

summonars-war-fun.tokyo

少し値段が高いとは思うのですが、もともとの依頼制作費($90-$180)、輸入費用($30-$50)等々計算すると、これくらいに設定しないと全く利益がでないのです。 せめて、月々のサーバー代くらいは稼げたらなあと思っていますが、現実はとても厳しいです。(笑)

PR

WooCommerce と Stripe

WooCommerse という Wordpress Plugin がとてもよくできていて、上記のタイプのような簡単な販売のサイトであれば、AWSなどのサーバーを用意すれば自分のお店が持てるわけです。決済もStripeという大変便利なサービスが展開されており、WooCommerce でも正式に採用されているため、導入も手順に沿うだけで非常に簡単です。決済手数料の他社レートと比べると一律3.6%なのでかなり良心的です。 すでにビジネス上で固定客を掴んでいらっしゃる方であれば、他社マーケットプレイスを利用するよりかなり有利にショップを運営することができるのではないかと思っています。

WeakPoint

決済モジュールのStripeは、管理画面が英語版しかありませんので、英語が苦手な方には若干使いにくいかもしれません。 しかし、英語単語調べるくらいの手間はかかりますが、UIが直感的なので操作はかなり優しいほうだと思います。

WooCommerce

ja.wordpress.org

Stripe

stripe.com

ご自身の制作物などを直接オンライン販売されたい方へ

WordPress と上記のシステムでオンラインショップを所有することができます。サーバー代は別途かかりますが、楽天などのマーケットプレイスを利用するのと比べて、デザインの自由度が高く、また、販売の都度支払わなければならない手数料を圧倒的に抑えることができ、価格の優位性も構築できます。 ご興味をお持ちいただけましたら、下記リンク先のFormから、お気軽にご相談ください。

summonars-war-fun.tokyo

Ubuntu1604 いろいろ調子悪いとこがでてきたので、調整してみよう。という話

Toshibaの中古パソコンで Ubuntu1604 使い倒したい

中古のToshiba Dynabook を家での作業用PCとして使用しています。スペック的には十分なものを持っているのですが、最近、Ubuntuのターミナルの起動が遅くなったり、スクリーンショットのアプリのタイムラグがひどくなったりと、だんだん不具合?が出てきたので、カスタマイズしていこうという内容です。

とりあえず、起動について

以下参考にいじってみる予定です。

ブートパフォーマンスの向上 - ArchWiki

画面の明るさ調整が効かない

長時間画面見ていると眼精疲労が蓄積して頭痛の原因になります。Blue light をカットするメガネの購入も考えたのですが、少し画面暗くすることで随分負担が減ると感じたので、その当たりの調整。 今のToshibaPCのubunntuは、システム設定からも画面の明るさが調整できません。1404はできていたのですが、1604 update後からショートカットキーも、システム設定も効かなくなってしましました。 とりあえず、↓のリンクなどをいろいろ試してみます。

  1. xbacklightをインストー

    qiita.com
  2. Grub設定を調整

    qiita.com
  3. 本命っぽいやつ。他Blogで紹介されていたもの。

    itsfoss.com

上記の3番で解決。目の疲れが軽減できそうです。(。・∀・。)-3

ターミナルのショートカットからの起動が異常に遅い

Ubuntuでは、初期設定で、Alt + Ctrl + T でターミナルが開くようになっているんですが、これで起動すると10秒くらい窓が開くのにかかるようになりました。いろいろ試行錯誤してみたのですが、全く治りません。

似たような症状で、スクリーンショットをキーボードのPRTSCキーから取ると、取れるまでに20秒くらいかかるようになりました。Blogの編集とかで、かなりスクショ使うので、これは、記事の生産性にクリティカルなダメージを与えられる現象です。(乂'ω'*)

UbuntuをPCに入れたてのころは、こういう症状はなかったので、追加していったパッケージの中で何かしら遅くなる要因となるものがあると思われます。

以下、検索結果

ターミナル関連

  1. Terminal appears with much delay when shortcut is used

    https://719065246262.signin.aws.amazon.com/console

    ask Ubuntu

  2. Slow hotkey response in GNOME 3.12

    Bug 729101 – Slow hotkey response in GNOME 3.12

    gnome forum

  3. ずばりなタイトルのページ

    Fix Terminal Shortcut & PrintScreen Key Delay in Ubuntu 16.04 | UbuntuHandbook

いろいろ検索して、やっと、最後のエントリー見つけることができました。結局 "gnome-keyring-deamon" とcliから打てば解決。2番めのリンクを上から読んで行ったら、こうやったら上手く行ったよというreplyがあって、そこの方法で解決できました。

いろいろなトラブルについては、結局、英語で検索をしたほうが早い・・・。

最初は、"ターミナル Ubuntu 起動 遅い"とかで検索して、似たような症状の方のページにアクセス。そこのリンクから、英語のキーワードに当たりをつけて、目的ページにヒットみたいな感じで、調べて、ようやく解決法を記載したページにたどり着きました。かなり時間かかりました。

IT系の海外の How to 記事は、説明も丁寧で、こういう症状が出ていて、こうやったら解決できましたというものが多くとても参考になりますね。

この記事が、同様の症状のある方の参考になれば幸いです。

AWS ECS (EC2 container service) を本番でつかいたいなあ・・・。という話

超便利そうなんだけど・・・。

Dockerベースで開発環境と、本番環境の差をなくして、Deploy時の混乱さけたいなあと考えて、一緒に働いてくれているエンジニアさんといろいろ勉強中な日々を過ごしております。Dockerほんと面白いですよね。他の人の作った Docker Image に、ちょいちょい必要な要素加えれば、煩わしい各種インストール作業+設定作業からも開放されます。圧倒的に開発・本番環境サーバ構築の時間短縮につながりますね。便利な世の中になったものです。 www.docker.com I love Docker !!

AWS上でのDockerの取扱い

AWSにはタイトルのとおり、ECSというサービスが開始されており、概要は↓のスライドが詳しいです。(124ページありますが、スライドなので見れる量ではあります。概念いろいろむずかしいですが;;)

www.slideshare.net

qiita.com

ということで、ECS上での環境構築で現在格闘中

いやー、ほんと難しいんですよ・・・。IAMロールの設定とかしないと全然うごかなかったり、Dockerのことも基本抑えて押さえておかなければならないしで、かなり学習コスト高いです。 ただ、マスターできれば、今後の環境構築の時間が圧倒的に短縮されると思われますので、開発初期である今が頑張りどころだと思ってます。

AWS CloudFormation

こちらのサービスは、jsonyamlAWSリソースの構成を記述できて、GUIでの管理もできるという優れものです。AWSドキュメントによくpngなどで各リソースの構成図が乗っているのですが、あれらと同じようなものを独自に作成できます。運営時のための基礎資料とすることも可能だと思うので、こちらもがんばりどころです。

aws.amazon.com

結局なんでこんなことしてるかというと・・・

Microserviceの寄せ集めでシステムを作成したいということですね。一部落ちても全体は生きてますみたいなシステムにしたいわけです。以下、クックパッドさんの事例紹介記事。

techlife.cookpad.com

こういう感じの、"最近ぽい" 運営環境つくりたいのですね。(ヽ゚д゚)ほしー。

AWS(特にDockerでの環境構築)について詳しいエンジニアの方を募集したい・・・

今、私プロマネっぽい立場にいるのですが、実際やっていることはAWSでの環境構築とDeployの効率的な方法の調査、実装です。 もし、この辺りについて技術力+実績あるよ!という方いらっしゃいましたら、メールなどでご連絡ください。相応の報酬でコンサル業務依頼させていただける可能性がございます。 お話伺った上で、出資者に交渉という流れになりますが、ご興味ある方いらっしゃいましたら、こちらのアカウントのメアドまでご連絡ください。 よろしくお願いたします。m(__ )m