tonkoo3000’s tweets

IT/WEB関連の技術的な興味などを主に書いていきたいと思います。

アマゾンアフェリエイトの状況を醸してみた話

ついに売上が!!!

現在、SummonersWarというゲームの日記的ブログを個人で運営しています。

summonars-war-fun.tokyo

先日、GoogleAdsenseがやっと2800円となり、いままでやってきたブログの中では一番うまく行っているかなあという印象です。

そして、ついに、Amazonアフェリエイトにも売上が立ちました!

Amazonアフィリエイトの管理画面

Amazonアフィリエイトの管理画面

5件ほど売上出ています。ただ、この管理画面、何が売れたのかとかさっぱりわかりません。これじゃ対策も取りようないですよね・・・。 一応、スマホゲームなので、スマホアクセサリ、他ゲーム、アニメDVDなどを中心に紹介しています。

金額はわずかですが、ターゲットと広告結びついたことを思うと、感無量です。。゚(●'ω'o)゚。

Amazonアフェリエイトは、最近↓のバナーのようなサービスもやってるみたいなので、Amazonアフェリもう少し露出増やしていこうかなあと思っています。 これ、自分もやりたいかも。買い物行くの面倒・・・。

Ubuntuのクリーンインストール時の話

よくある記事なのですが、自分なりのメモです。

おせわになっていた開発会社様がオフィスを移転することになり、複数台のノートPCを破棄するとのことで、急遽数台のPCを入手することができました。 今回は、DELLのXPS13-9333に、Ubuntu17をクリーンインストールしていく際のメモです。

XPS13-9333

すごい使いやすいし、小さくて持ち運びも便利です!

外部ディスプレイ出力に少々癖あり。Macbookなどと同じUSB3.1規格のものを準備しないといけない・・・。

bonanza-laboratory.com 画面の制度が非常に高いので、いまのところ大丈夫そうです。やっぱりHDMIは標準でついていてほしいところ・・・。 www.pasonisan.com

Corei7,メモリ8GB、SSDと性能的にもかなりハイスペックな作りになっています。これ無料ですよ。タダ。笑

install

Live Media USBを作成しておきます。

kledgeb.blogspot.jp

ipv6の初期化

インストール後、起動したあとに実施。これをやらないと、aptなどが異常に時間かかります。

追加 vi /etc/modprobe.d/disable-ipv6.conf

options ipv6 disable=1


一番下に追加

vi /etc/sysctl.conf

ipv6 disabled net.ipv6.conf.all.disable_ipv6 = 1 net.ipv6.conf.default.disable_ipv6 = 1


sysctl -p

Chrome-stable

qiita.com

付箋アプリ

linux-user.hatenablog.com

Ubuntu Tweak

qiita.com

その他

OBS

Graphic Hardware が対応している必要があります。ゲーム配信などに使うBroadCastingのOSSです。 obsproject.com

VirtualBox Vagrant

UbuntuUpdates - PPA: Virtualbox.org contrib

www.vagrantup.com

Dockerも便利そうなのですが、いまいち使いこなせていません・・・。

Gimp and Inkscape

qiita.com

launchpad.net

Dropbox

Linux リポジトリから Dropbox を追加/削除する方法 – Dropbox Ubuntu17.04

www.computerbeginnersguides.com

Home Directly => 日本語からEnglishへ

これやっておかないと、ターミナルでの作業が非常にやりづらいです・・・。

qiita.com

基本的なものはこれでOK

あとは、CloudサービスのCLIなどをVagrantの方に適当に入れていけば、開発用、趣味用と非常に優秀なPCとして機能してくれます。 また、言語環境のバージョン切り替えがかんたんにできる、nvm, rbenv, pyenv, phpenvなども入れて置くと後々便利だったりします。このあたりは、VirtualBoxの仮想環境の方で構築しておくと、メインマシンが肥大化しませんのでいいかもしれません。 気をつけるのは、Ubuntu17のレポジトリは、開発コードが異なる(zesty)なので、記事通りにやっても入れたいソフトが入れられないことがあります。version18がLTS版になるとのことなので、それまではVersion16(LTS)版を使うほうがいいのかもしれませんね。

Docker for AWS (CE) でのNode.js環境構築の話

Node.jsで開発に入れる前にモジュールをテストしたい

現在、とある開発チームにおいて、アプリ開発をやっていて、フロントエンドのAngular2から、BackendのAPIを叩く構成で開発しています。 いろいろとNode.js関連のモジュール入れたいのですが、いきなり入れるとレイアウト崩れたり、機能しなかったりなどのケースが散見されるため、お試しで入れるためのNode+Angular2環境を構築することとしました。

ECS使ってみようと思ったけど・・・。

なんだかうまく行きません。ので、以下の記事を参照しました。

www.infoworld.com

www.infoworld.com

Dockerのコミュニティのポストによると、

Docker for AWS and AWS ECS are different products. One is built by Docker Inc, the other is built by AWS. I don’t think ECS currently supports the most recent Docker version and swarm-mode, so if you want that I recommend Docker for AWS.

とあります。あと、AWSの方は、ecs-cliの作法の学習が必要なようなので、Dockerのコマンドを使っていろいろいじったりできません。

結論

テストインスタンスなどの簡単なものについては、Docker for aws を、プロダクト用途にはECSを使っていこうかなという結論に至りました。

Docker for AWS

CloudFormationのテンプレートが用意されています。 こちらから、AWSのcCloudFormationが立ちあがって、AutoScaringなどをいい感じにセットアップしてくれます。

docs.docker.com 環境の構成はこんな感じで出来上がります。簡単。ヽ(・∀・)ノ f:id:tonkoo3000:20170915103454p:plain

f:id:tonkoo3000:20170915103454p:plain
CloudFomation Design of Docker for AWS

気をつけるのがIAMロールの設定で、上のドキュメントにあるように適切なIAMロールを設定しておき、CloudFormationでの構築時に設定してあげる必要があります。

docs.docker.com

この辺りは、IAMのロール作成のドキュメントよく読んで設定すれば大丈夫でした。上のページのjsonを利用して新しいIAMロールを作成すると、CloudFormationの構築ウィザードの途中で選択できるようになります。

コンテナの操作が簡単

基本的にWorkerNodeにSSH接続して、そこから、各WorkerNodeに入ることができます。 ssh-agentを使うみたいなので、参考記事

qiita.com あとはWorkerNodeのDockerFileなどをいじって、必要な構成が立ち上がるようにしていけばよさそうです。

続編

まだ、コンテナにアクセスできるようになった状態なので、Nodeの構築については追って記事にしたいと思います。

センデン

AWSでのangular2Appの開発、Wordpress運営などの仕事を請け負います。 以下のコンタクトフォームからアクセスください。

summonars-war-fun.tokyo