tonkoo3000’s tweets

IT/WEB関連の技術的な興味などを主に書いていきたいと思います。

いまどきの小規模ECサイトへのクレジット決済導入は、Stripe一択なんではないか?という話

ベトナムのアーティストに販売許可をいただけた

summonars-war-fun.tokyo

趣味でサマナーズウォーというゲームのブログ書いているのですが、Wordpressでショップ作ってみたいなあと以前から思っておりまして、ブログの素材集めにネットサーフィンしておりましたところ、関連グッズを作成されている素敵なアーティストを発見しました。

ハノイでクレーアートの制作販売をメインに起業された方で、こちらのページのとおり。 https://www.facebook.com/BoosHandmadeShop/


ラジオDJなんかもやってらっしゃって、しかも、超美形男子です。世界ってすごいですね。

オンラインショップ販売の交渉をしたところ

サマナーズウォーというゲームの記事を書いていたので、よく写真素材を検索しているのですが、そこで、偶然Booさんの作品を発見し、国内で売らせてくれないかと交渉したところ、スムーズに了承をいただくことができました。私は、近いうち仕事中の和み用に、バネッサ買おうと思ってます。(笑)

Facebook

summonars-war-fun.tokyo

Deviant Art

booshandmadeshop.deviantart.com

Welcart と Woocommerce

WordpressでEC Shop立ち上げるために、プラグインをいろいろ調べていたのですが、この2つのどちらかなと思い、はじめはWelcartでテスト作成してみました。

Welcart

www.welcart.com

Woocommerce [日本語サイト(非公式?)]

wc.artws.info

結論からいうと、最終的にはWoocommerceを選択しました。

Stripe 素晴らしすぎました。

クレカ決済入れたいなと思い、最初は、Welcartに組み込まれていた決済モジュールを使おうとして、Paypalとか他の国内決済代行会社に問い合わせたのですが、開設までに1ヶ月くらい、審査とかコミコミで・・・・。

は?そうなんすか。(笑)

なんか、いろいろめんどくさいというか、特商法とかの表記とか、利用規約とかはしょうがないとしても、審査ってそんなにかかるの?みたいな感じで、結局国内のは諦めて、最近耳にしていたStripeを使ってみようとしました。

ところが、Welcartは対応してなくて、Woocommerceならデフォルトで組み込まれているとのことでしたので、Woocommerceに鞍替えしたわけです。

Stripe 審査ほぼなし?

Stripeのすごいところは、メールアドレス登録、認証、いくつかの質問に回答(エリア、販売形態、銀行口座など)するのみで、即決済システムを導入できたことです。あまりに簡単なので大丈夫なのかなと心配になるほででした。(笑)

管理画面はすべて英語なのですが、特に難しいこともなく、publish key, secret key を Woocommerce に登録するだけ。簡単すぎてほんとに機能するのか心配になるほどでした。(笑)2個目。

ということで、

Wordpress でとりあえずWEB上でお店やってみたいなあという方にはとてもおすすめの構築方法です。

ショッピングモールなどは、出店料も高いため、気軽に試してみようというのは難しいです。

そもそも、いろんなものをAmazonでリアルより圧倒的に安く購入可能な時代なわけですが、そういう時代でも、個人で趣味的な作品を売ったり、マイクロな商売をやりたいな、みたいな需要ってずっとあると思うんですね。そういう時にコストかけずに販売サイト運営するには、まさに記事で書いた構築方法は、ベストチョイスなのではないかなと思いました。

上の構成でAWSなどで運用してみたいなど

というお仕事ございましたら、お話いただければご相談に伺います。(関東圏限定)

アーティストの方などで自分の作品を売るサイト作りたいなどの方には、格安で構築のご相談・運用を請け負います。 よろしくお願いいたします。(^ω^)

結局、Ubuntu1604 とWindows10 のデュアルブートをやめてしまった話

なんだか、Ubuntuが起動遅くなってきた。

以前の記事

livistar-consultants.hatenablog.com

の中で、Dellの中古パソコンをWin10とデュアルブートにして使っていたのですが・・・。

  1. メインのクライアントさんでGsuite導入が実現!
  2. Windows10はOfficeを使うためだけのものであった。
  3. なんだかデュアルブートって調子悪い。(Boot Loaderがよくおかしくなるので、修正アプリとか使ってた。)
  4. そもそも、なるべくWindows使いたくない。

などの理由で、Ubuntu1604をクリーンインストールしてみたところ、おそろしく快適になりました。

Viva Linux forever !!

オフィス用に買った中古PCをwindows10+Ubuntu1604のデュアルブートにした話

ほとほとWindows10に嫌気が差して

DellのLatitudeE6320というパソコンを去年のクリスマスセールに買って、Windows10-PCとして使っていました。業務で、パワポやエクセルを使うためだけのためのWindows10です。

正直GoogleApps(Gsuite)に移行してくれないかなあと思っていたのですが、クライアント用に契約したりセットアップするのがめんどくさいなと・・・。クレカ情報とかいちいちお願いして入力してもらうことなど、他社様向けに設定するのはほんとに面倒です。信用してもらって、クラウドサービス用のクレカとか作っくれるとありがたいんですけどね。そうもいかないものですね。

エクセルは未だに完成度高いアプリだと思っているので、これはこれでよいかと、だましだまし使っていました。

E6320自体はかなり高性能なはずだが・・・。

スペックこんな感じです。

www.cnet.com

メモリ8G、SSD128GBに換装して、29800円と破格のお値段でした。

Windows10重い

5月に入ってから、エクスプローラーの表示が異常に遅くなって、ファイルとか検索がほぼできない状況に。ドライブのセキュリティスキャン無効化、クイックスタートの停止などWEB上にあるいろんな対策を試みましたが、状況は全く改善されず。

だんだん、イライラしてきてふと、Ubuntuデュアルブートにしておけば、普段Ubuntuがつかえるじゃないか!!と思いたち先週末にインストールしてみました。

めちゃ簡単

結論からいうと、インストールはあっさり成功。ダウンロードして、ディスクイメージをUSBブータブルに書き込み。Biosで起動メディアUSBに変更するだけ。

以前のubuntuパーティションの準備とかいろいろセッティングしないといけなかったような気がするので、めんどくさいなあと思った記憶があるのですが、今回16.04はインストール時にパーティションの設定もできるようになっており、Windows10用に十分なスペースを確保しつつ、16.04をクリーンインストールできました。

ものすごく快適

E6320は、画面の表示解像度が昔のタイプで(1366*768)と若干狭いなあと感じるのですが、Tweakなどで使いやすいように調整するのもUbuntuの楽しみの一つということで、システムフォントの大きさなど変えてみて、いろいろ遊んでみています。

クラウド全盛でいろんなサービスがブラウザ上でできるようになって、私は、OSはブラウザ動作の邪魔をしないことが一番の求められる能力なのでは?と思うようになってきております。やはりLinux系の軽快さは非常に優秀だと思いますし、作業効率UPにもつながります。開発環境の構築などはどう考えてもLinux系のほうが情報が多くセッティングが簡単だと思います。

最後に

今回、途中でGrub-pc関連でエラーが出てしまい、解決に時間がかかりましたが、基本的に海外などでだいたいの解決策はしめされているものです。ほんとにUbuntuのコミュニティは素晴らしいなと思います。

Windows10の重さにイライラしている方は、試しにデュアルブートで組んでみてはいかがでしょうか?メモリ8G+SSDくらいの準備で体感速度3倍くらい?に感じます。ほんとにおすすめです。

PC用の管理画面とか、AdminLTE で十分だと思う。プロトタイプ => 本開発

Angular2 使うことになって

とあるプロジェクトに従事しており、モックアップ作成をAdminLTEで作成した。フロント開発をAngular2でやることになり、AdminLTEにかなり慣れているので、Angular2に対応しないのかなあとか思っていましたところ、対応済みでした。笑

Integration 動画

www.youtube.com

PC側の管理画面とか、全部これでいいんじゃないかと基本的に思う。管理画面の見た目のデザインなんかに凝るより、機能として使いやすいレイアウト、余計なものを省いたUI設計が重要だと思います。

とりあえず、事始め用のメモ代わりに書いてみました。

Vagrant で Windows10上にUbuntu1604インストした時にハマってしまった話

初期ユーザーのパスワードどこにあるん?

結論としては、下のリンクのとおりなんですが。身も蓋もない。

askubuntu.com

14.04まで

たしか、User Ubuntu, Pass UbuntuVagrant ssh できていたので、かなり混乱しました。

上のStack Over Flow の再掲になりますが、

  1. パスワードは、~/.vagrant.d/ubuntu-VAGRANTSLASH-xenial64/20161221.0.0/virtualbox/Vagrantfile の中に書かれているもの。
  2. Windowsでは、隠しフォルダになっているので、フォルダオプションで全表示にする。
  3. Userは ubuntu でOK ひょっとしたらVagrantfileで違う設定になっているものもある可能性も・・・。

ということです。とりあえず、ログインはできました。

他のOSとかどうなんだろう。気になるので、CentOS7は調べとこうと思いました。

けっこう時間取られてしまったので、同じところでハマってしまう方のお助けになれれば幸いです。

中古のThinkpad T410Sを買ってしまった話

仕事場用のパソコン購入を検討していたところ・・・

先日、ソフマップの中古パソコンみていたところ、やたら安いパソコンがあって、型番をみたら、Thinkpad T410Sというものでした。

メインのPC

今メインで使っているのは、ToshibaのRX3というもので、中古で32000円くらいで購

入しメモリ8G、SSDに換装してUbuntu16.04を入れて使っています。

鞄に入れて持ち運んでいると、ヒンジ部分にガタが来ており、片方のプラスチック製のヒンジ部分カバーが取れてしましました。性能的には全く問題ないのですが、配線がむき出しのため、モバイル用途には向かないなと考え、常駐の移動先に置いておくパソコンがほしいなとおもい、購入を検討していました。

 

T410S

ちなみに、こんなPCです。楽天の一覧

基本的に持ち出しになるため、できるだけコスト抑えたかったのと、使い捨てみたいなものなので中古でいいかなあと考え、同じToshiba製のものをもう一台購入しようとしていたところ、T410Sが19800円で出ており、スペックもメモリ4G,Core i5 520M(2.4GHz)となかなかのスペックだったので、購入することにしました。

購入後メモリ増設、SSD換装をしようと思っていました。

1.8インチドライブの罠

SSDの交換についてはいろいろ記事が出ていました。例えば、こちら

一度ねじをはずしてみたところ、あっさりハードディスクにアクセスできたので、交換簡単だなあと思っていました。

こんな感じです。(引用先:手帳と私の生活ブログ 様)

そこで、先日秋葉原に行く予定があったので、ついでにパーツ屋さんをのぞいてみると・・・。1.8インチってもう売ってないんですね・・・。

何店舗か回って、見つけたのが、動作保証なしの中古品一点のみ。店員さんの話では、もう生産されてないはずとのこと。

現在の状況は、細長いサイズの、M.2というPCI-e規格のものが最新らしく、このあたりは中古で十分と思っている私にとっては高嶺の花でして、普通に2.5インチのSATAで十分満足できる速度だと思っています。(参考ブログは、こちらSATA、mSATA、M.2... SSDの種類が沢山あるので違いをまとめた

よく調べてから買うべきでした。

一応代替策はあって、mSATAに下駄(コネクター変換パーツ)をはかせるという方法があり、アマゾンあたりで買えるようです。しかし、メインのSSDに下駄が乗っているのも、どうも気持ちが悪いなと思うのと、動かなかったときの無駄な出費を考えると、別の中古PC買ったほうがお得ということもあり、とりあえず、現状のまま利用することにしました。

Windows10の起動が10分くらいかかる!!

もともと、Windows7が入っていたので、WIndows10にアップグレードし利用しようとしたところ、起動がやたら遅く、10分くらい掛かる場合もあります。Windows10自身の問題もありましたが(例えば、windows Defender問題(自己プログラムの関連ファイルをスキャンしてCPUが暴走する・・・。)など)もありましたが、どうもハードディスク自体の性能にかなり問題ありなのではと疑いがあり、結局、新たな資源ごみを購入してしまった感じになってしましました。

Ubuntu入れたらまあまあ使えるPCに

とりあえず、Ubuntu入れてみたら使えるかもと思い、16.04を入れてみたところ、軌道に若干時間がかかりますが、ブラウザ程度なら使えるレベルになりました。セカンド画面代わりに利用していこうと思います。

ということで、中古PCの購入は、ゴミPCつかませられることもありますよ、というお話でした。